FC2ブログ

「一億総活躍社会」を福祉労働者の目から考えてみる

「一億総活躍社会」を福祉労働者の目から考えてみる

昨年9月、安部首相が打ち出した政策「一億総活躍社会」の中身は、
 (1)「第一の矢:希望を生み出す強い経済」・・2020年にGDP(国内総生産)600兆円に。
 (2)「第二の矢:夢をつむぐ子育て支援」・・・(誰の?)希望出生率を1.42から1.8に。
 (3)「第三の矢:安心につながる社会保障」・・・「介護離職ゼロ」を目差す。
「一億総活躍社会 国民会議」が設置され、詳しい中身が検討され、今年の?月には答申されるようだが、危うい部分と非現実的な部分を様々な資料を元にまとめてみます。

 まず、ネーミング「一億総活躍社会」「希望出生率1.8」というのは、戦前の「国家総動員法」「産めよ殖やせよ」とそっくりで、個人のためではなく「国家」の為に全てを捧げよと感じるのでゾッとする。「十人十色、多種多様なライフスタイル」という考え方は見当たらない。中身をもっと見ていくと、
 (1) の【2020年にGDP600兆円】は、経済界も、学者等も懐疑的である(2014年度の名目GDPは490兆円、バブル末期の1997年度521兆円が過去最高)。
 (2) の【子育て支援】では、17年度末までの保育施設の追加整備量を「現計画40万人分」から上乗せして「50万人分」を整備するという。「希望出生率」という言葉は、今回はじめて出てきた造語です。【結婚を望んでいる人が9割で望んでいる子供の数が2人だから、0.9×2=1.8だという】(首相が説明)。根拠なきスローガン!
 (3) の【介護離職ゼロ】では、特別養護老人ホームなど介護の受け皿の増加分を「現計画38万人分」から上乗せして「50万人分以上」を整備するという。これは、病院から「在宅介護へ」、大規模施設から「地域介護へ」という、これまでの介護保険の流れに逆行するのかという疑問が残る。

(2)と(3)の共通の問題点は、保育士・介護士などの人材不足である。現在でも、他の職種同年齢より平均月10万円も低い給料で、離職率が高い。保育士・介護士・ヘルパーさんの育成と給与大幅アップが前提条件だが、肝心の給与・労働環境の処遇改善に関しては先送りされている。

 基本の介護報酬は国・厚労省が決めていて、新人さんの人がケアしてもベテランの人がケアしても、基本報酬は変わらない。一方、膨大な事務量があり、会計も複雑だが、事務方への国からの報酬は無い。早急に処遇改善を行わないと、建物は出来たが、保育・介護する人が今以上に不足する事態も予測される。また、社会的意義を感じて、ヘルパーさんや福祉の資格取得者の半数以上が、「割が合わない等の理由」で離職し、現在は全く別の職業で働いている。3K、4K(キツイ、キケン【病気の感染など】、給料安い・・・)と言われている職業には、相応の報酬を出すべきである。良い4K「給料納得、希望が持てる、価値のある、好感の持てる・・・」となれば、人材は増えるに違いないし、離職した人も戻ってくるに違いない。

 いずれにしても、財源をどうするかが、まだ決まっていない。消費税再引き上げ、介護保険料上げなど国民に負担を強いるやり方の前に、国会議員数削減、議員報酬・経費など削減、政党助成金見直し、防衛費見直し等、足元から見直したうえで国民に賛否を問うて欲しい。同時に、所得の再分配も再構築しないと格差社会は増々ひどくなるに相違ない。   

プロフィール

ひびきdeもっと

Author:ひびきdeもっと
社会福祉法人ひびき福祉会(姫路市)
の障害者情報発信ブログ
【ひびきdeもっと】へようこそ!!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
2173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
577位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

ひびきdeもっと

Author:ひびきdeもっと
社会福祉法人ひびき福祉会(姫路市)
の障害者情報発信ブログ
【ひびきdeもっと】へようこそ!!

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム