2016年7月26日未明 神奈川県相模原市で起きた障害者施設殺傷事件について-その2

その2です。


2016726日 【声明】障害者入所施設で起こった悲惨な事件について

 

きょうされん常任理事会

 

 本日未明、神奈川県相模原市の障害者入所施設で起こった悲惨な事件は、日本各地に大きなショックをもたらしました。とりわけ障害のある当事者や家族、関係者の受けた衝撃、そして不安や悲しみは言葉であらわすことができません。

 

 なにより、犠牲となった障害のある当事者、そのご家族に哀悼の意を表するとともに、負傷した方たちの一日も早い回復を祈ります。ならびに、同施設で事件に遭遇した方たちの心の傷が時間をかけながら癒されることを切に願います。

 

 容疑者の卑劣な行為は、いかなる理由があるにせよ決して許すことはできません。一方で、なぜこのような事件が障害者入所施設で起こってしまったのか、戸惑いと疑念が晴れません。こうした事件を二度とくり返さないためにも、事件の背景や真相が究明されることを願います。

 なお、報道によると容疑者には入院歴があったとされていますが、今後、精神障害に対する誤った認識や差別が助長されないよう、各機関には慎重な対応を求めます。

 

 最後に、本事件の報道に触れて、全国の障害のある当事者、その家族、関係者には動揺と不安が広がっています。障害のある当事者と家族のみなさんには、できるかぎり冷静さを失うことなく、普段どおりの生活を送られることを呼びかけます。あわせて、関係者のみなさんには、障害のある人とその家族の気持ちに寄り添い、個々に応じた特別な支援・援助を行なっていくことを呼びかけます。

 

                              

 

◆緊急要請

 

 私は全国精神病者集団という全国の「精神病」者団体個人の連合体の会員です。また国連認定NGOであり、障害者権利条約作成に参加してきた世界精神医療ユーザーサバイバーネットワークの理事でもあります。

 相模原で障害者が襲われ19名の方がなくなったこと、未だ衝撃の中で言葉を失っております。なくなった方のそれぞれの方の命を思いご冥福をお祈りするとともに、被害にあわれた方々の順調な回復をお祈りいたします。

 未だ事件の詳細は不明であり、この事件が逮捕された人の精神疾患故のものあるいはその影響下にあるものなのかどうか、何もわかっていません。

 しかし私はこの事件は最悪の障害者に対するヘイトクライムと考えております。彼は確信犯であり、ある意味この間の社会保障総体の切り捨てという国の政策を体現しているといっていいと考えます。

 それにもかかわらず、彼に措置入院歴があったことをもって、このヘイトクライムを彼個人の精神疾患あるいは資質と結びつけることで国の責任を放棄する方針を私は許すことができません。あまつさえ厚生労働省は措置入院制度全体についての検討を始めると発表されました。

 あまりに軽率な方針です。

 かつて群像新人賞受賞者で精神病院入院歴のある小林美代子は「一人の犯罪で私達全員が裁かれる」と告発しました。

 今再び同じ過ちがなされようとしています。

 すでにこの事件報道及び厚生労働省の措置見直し方針によって、多くの「精神病」者仲間が病状悪化に追い込まれており、緊急入院の事例も頻発しています。

 私は緊急に以下を求めます

① ヘイトクライムは決して許さないという政府としての宣言

② ヘイトクライムがなぜ生まれたのか、この間の国の政策を徹底的に検証するため、全省庁挙げての調査委員会の発足

③ 厚生労働省における措置入院の検討有識者会議及び検討作業の中止

 

2016730

 

総理大臣 安倍晋三様 

厚生労働大臣 塩崎恭久様 

               全国「精神病」者集団会員  山本眞理



 

 

以上、6つの団体の声明文、要望書です。

 

1.   共通するのは、障がい者一人ひとりの命の重さは、障がいを持たない人の命と等しく重い。どんな理由があれ、犯人の罪は重いということ。

2.   背景・原因・動機の徹底解明を急ぐこと。

3.   措置入院歴や大麻の反応など、事件と直接関係があるのか判らない時点での警察発表と憶測による、不安を煽るような報道は控えるべきである。

 

3.に関しては、危惧すべき点が多い。7/26の報道で、容疑者が参議院議長に宛てた手紙の公開(10枚中3枚のみ)が早過ぎる。残りの7枚には何が書いてあるのか判らない。しかも、報道はその1部を切り取り紹介。因果関係がはっきりしないうちに「措置入院の履歴など」も、そんなに早く簡単に流していいのでしょうか?

 

■ 精神障害者の犯罪率は、健常者の犯罪率に比べて、一貫して低い(ずっと昔から)という事実を、マスコミは取り上げて来ていない。

■ 有識者やマスメディアは、世間の不安を増長させるのではなく、的確・正確なデータを提供し、すべての(障害有無関係なしに)人々がが安心して暮らせる社会の実現を提言してください。

■ 今回の事件の背景及び真相究明に関して、透明性を担保しながら解明して行くことを切に願います。


最後に、神奈川県の障害者支援10団体が神奈川県に対して申入書を提出した。

全文は、手に入りませんが、日経新聞電子版で要旨がわかりましたので、掲載します。

共に生きる社会の根底の部分だと思います。


「障害者差別なくす施策を」 神奈川の支援10団体 

2016/7/30 

  相模原市の障害者施設殺傷事件を受け、神奈川県で障害者支援に取り組む10団体が29日、連名で県に「障害者への差別と偏見を払拭するため、これまでの施策の根本的な転換が求められている」などとする申し入れ書を提出した。
 申し入れ書では「障害者は別枠の教育や施設での生活を強いられてきた」として、保護や分離の施策が弊害となっていると問題提起。「地域社会の一員として分け隔てなく生きていく中でしか互いを認め合う関係は生まれない」と指摘した。
 また、文末には「一般的に公表される被害者の氏名が、この事件に関しては公表されないことは、当事者として大きな疑問を持たざるを得ない」と付け加えた。〔共同〕

【出展・参考】 

 

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

ひびきdeもっと

Author:ひびきdeもっと
社会福祉法人ひびき福祉会(姫路市)
の障害者情報発信ブログ
【ひびきdeもっと】へようこそ!!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1397位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
385位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

ひびきdeもっと

Author:ひびきdeもっと
社会福祉法人ひびき福祉会(姫路市)
の障害者情報発信ブログ
【ひびきdeもっと】へようこそ!!

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム